モビットの審査は無担保で収入の3分の1以上でもOKですか

モビット審査は無担保で保証人も要らないという事ですが、銀行系だから収入の3分の1以上の借り入れ金額で申込んでもOKなんでしょうか?

モビットは消費者金融会社なので総量規制の対象になります

モビットは三井住友銀行グループの会社で消費者金融会社です。ですから総量規制の対象になりますから年収の3分の1以上の借入は出来ません。ただし、一般にはあまり知られていませんが総量規制には、例外事項や除外される貸付も多くあります。いくつかある例外の、代表的なものは顧客に一方的に有利となる借り換えの場合は消費者金融会社の場合でも例外になります。

また緊急の医療費の貸付の場合もなども例外です。それ以外にも例外になる場合や除外される場合がたくさんあります。いずれにしても総量規制の対象になるのは賃貸業法で営業している金融会社ですが、銀行系の会社の中には、純粋な銀行と消費者金融会社とがあって、名前だけでは純粋な銀行なのか、消費者金融会社なのか見分けのつきにくい会社も多いです。

だから、銀行系の金融会社を、純粋な銀行と消費者金融会社に区別するための、一番簡単な方法は総量規制の対象の金融会社か、そうでないかを調べる事によって見分ける事が出来ます。モビットは三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行と提携しているので勘違いされやすいかもしれませんが消費者金融会社です。だから、借入金額は年収の3分の1を超える場合はご利用になれません。

そして、その総量規制は個人の借金の総額ですから、もしモビット以外に他社からも借り入れがある場合は、その借り入れた額も合計して年収の3分の1以内という事にありますから。ご利用になる前に、良くご検討してください。なお良く解らなければモビットのコールセンターに電話して相談してみるのもいいと思います。

無担保で審査も厳しくないモビットは収入の3分の1まで借入可能

モビットのカードローンの利用対象者の条件は、年齢20歳以上69歳以下で安定した定期的な収入がある事です。職業や雇用形態は問われていませんのでアルバイトやパート、派遣社員、自営業の人であっても、その条件を満たしていれば利用対象者となります。
(⇒無職の人でもモビットで借り入れができるの?

但し、審査はあります。当然、審査を通過しなければ利用する事はできませんが、審査は最短30分(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。 )という短時間審査ですので、必ずしも厳しい審査ではないのが実情です。無担保であり、保証人も不要です。申込みの際に提出する必要があるのは運転免許証、健康保険証、パスポートといった本人確認書類です。

但し、場合によっては源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、給料明細書といった収入証明書類の提出も必要となります。本人確認書類と収入証明書類、どちらも現物ではなく、写しを提出する事となります。利用限度額の最高は800万円です。但し、貸金業法には、借りすぎ貸しすぎを防ぐ為に1年の収入の3分の1を超える借り入れを原則禁止する総量規制がありますので、実質、利用限度額の最高は収入の3分の1となります。

ただ、収入の3分の1とはかなりの額ですので、十分な利用限度額だと言えます。利用限度額の範囲内であれば、何度でも繰り返し利用する事ができます。借入は、モビットと提携しているATMで行う事ができます。提携ATMは全国の銀行、コンビニエンスストア、駅等に設置してあります。
また、自分の口座に振込んでもらうかたちで借入する事もできます。自分の口座に振込んでもらうのは、ホームページにある会員専用サービス「Myモビ」にアクセスして依頼するか、電話で依頼するだけですので簡単です。

返済は提携ATMで行う事ができます。また、モビット指定の預金口座への振込みで返済する事もできます。更には、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に預金口座があれば、口座振替で返済する事も可能です。返済は1ヶ月に1回です。返済日は5日、15日、25日、末日の中から都合に合わせて選ぶ事ができます。基本的に月々の返済額は決まっていますが(借入後残高スライド元利定額返済方式)、多めに返済する事も可能です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 【知って安心】モビットも良いけどこちらも良い!金融会社紹介 All Rights Reserved.