モビットで審査に合格する最低ラインと言えばどういうもの?

カードローンはどこがいいのかなって思っていろいろ検討しています。電話連絡がないからモビットのネット完結に申し込もうと思っているんですけど、モビットって審査に合格する為の最低ラインと言えばどういうものがあるんでしょうか?

安定した収入と返済能力がある事です

審査に合格するための最低ラインという質問は、答えにくい厳しい質問ですね。どうしてかというと、どういう内容が審査されるのかは,だいたい見当がつきますが、審査基準、つまり合格ラインはカードローン会社にしかわかりません。ですから最低ラインと言っても漠然とした答えにならざるを得ません。それに合格するためのボーダーラインとなると、さらにハッキリとは解りません。

ですから出来るだけ具体的に項目で書いてみます。まず希望限度額の3倍の年収がある事(総量規制がある為)です。そして他社からの借り入れが出来るだけ無い事、遅延は軽微な物だけに限る。そして延滞をしていない事です。遅延と延滞の違いは結構大きいです。遅延はうっかりミスも含まれますが、返済はしています。これと比べて延滞は支払っていませんから、カード事故扱いですから、これがあるとまず審査に通りません。

そして同時に複数の会社に申し込んでいない事、また連続して審査に落ちた後に申し込んでいない事、そして不正な申告をしない事、つまりうそをつかずに正直に審査を受ける事、担当者とは誠意をもって応対する事ですね。ここまで書くと、それ普通じゃないかって思う方もいると思います。その通り、カードローンの審査というのは普通であれば合格するようになっているんです。

【参考ページはこちら】
一度モビットの審査に落ちた人でも再度審査を受けられる?

モビットで審査に合格できる最低ラインとは

クレジット会社等にキャッシングを申請した際には融資を実行するかどうかの審査が行われます。今回はモビットを例にとって審査に合格する田茂の最低ラインなどについてまとめてみました。

まず、モビットは消費者金融というカテゴリーに分類されているキャッシング会社です。テレビでも頻繁にコマーシャルを放送しているので、知らない人は居ないでしょう。モビットのカードローンの最高融資額は800万円までとなっています。ただし、後述しますが全ての人にこの800万円満額を融資してくれるわけではありません。実質年率は3.0%~18.0%となっています。これは一般的な消費者金融系の会社の中では平均的な利率となっています。

審査の時間自体はカードローンの申し込みを利用すれば最短で5分ととてもスピーディーです。モビットは消費者金融系のキャッシング会社ですので、貸金業法の総量規制という法律が当てはめられます。この総量規制では、年収の3分の1までしかお金を融資できないことになっています。(こちらもご参考にどうぞ→モビットは総量規制ギリギリの人でも借り入れできる?)これに当てはめると、800万円満額の融資を受けようとすると最低でも年収は1500万円必要になってくるというわけです。

では、審査に通る最低ラインを見ていくことにしましょう。実はキャッシング会社はホームページ上などに置いて具体的な最低ラインを定めているわけではありません。なぜならば様々な要素を総合的に判断して融資の実行を決めているからです。とはいえ、目安となるラインというものはあります。モビットを例に挙げると、融資を受ける条件として20歳以上69歳以下で収入を得ている人であれば誰でも可能とあります。つまり、ある程度の収入があれば正社員である必要は無く、パートの人でも借り入れは可能というわけです。

そしてこの年収ですが、具体的に定められているわけではないので正確にはわかりませんが、大体年収200万円くらいが合格の最低ラインであると考えられます。そのため、200万円未満の方はなかなか審査に通りにくい傾向にあるようです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 【知って安心】モビットも良いけどこちらも良い!金融会社紹介 All Rights Reserved.