自己破産経験あり、モビット審査通過方法?

キャッシングベスト3

モビット審査自己破産していても、通過する方法は無いですか?

自分は自己破産経験者です。5年前になりますが、個人再生と悩んだ結果、自己破産をすることになりました。破産するとブラックになるから数年クレジットカードもカードローンも作れないというのは知っています。ですが、子供の教育費がどうしても必要になってきたのです。モビットで審査に通過する方法はないものでしょうか。子供が意外と賢くなって、私立の中学に行かせるために費用が必要です。妻にはこれ以上苦労をかけたくないので、WEB完結のあるモビットが最適なのですが、都合のいい話ですよね。

破産してから5年間の支払関係がきれいでもギリギリかなあ

ブラックリストというのは、信用情報機関に自分の情報が載るってことです。信用情報というのは、氏名や生年月日、住所、勤務先、契約はどことしていて、金額は幾らで何回で返済しているか、その返済に滞納はないか等々の情報のことです。金融機関はこの個人の信用情報の照会ができるようになってますけど、個人の場合は本人しか開示請求ができないようになっています。

その信用情報機関は、数社あって、それぞれの機関ごとに情報が消去される時期が違います。株式会社日本信用情報機構(JICC)は貸金業者が加入している情報機関で、ここは自己破産や整理行為があった時は、発生日から5年を超えない期間で情報が残ります。全国銀行個人信用情報センター(KSC)は金融機関、銀行系クレジット会社が主に加入していますが、当該決定日から10年を超えない期間情報が残る。

そして、株式会社シー・アイ・シー(CIC)は信販会社、家電、自動車メーカー系等と、一部の消費者金融や銀行、労働金庫などが加入しています。こちら契約期間中および終了後5年間情報が残るようになっていますね。こんなふうに、どこの信用情報に情報が残っている人かわかりませんが、最低でも情報が消えるまでに5年間です。この5年が、ギリギリ消去されている5年か、最後の1年間の5年目かで大きく変わってきますよね。

データが残っている所がKSCなら、10年間は消えないのでモビットでの審査には絶対通らないことになります。ですから、経過年数だけならギリギリ大丈夫かもしれないし、全然だめかもしれない、ギリギリだめかもしれないということになりますね。だけど経過年数だけの問題ではないのが信用情報の注意点なんですけど。破産宣告をしてその後の5年間は、なんの滞納もしていませんか?

たとえば携帯電話料金の滞納があれば、信用情報に残る場合が多分にあります。じゃあ、電気代は残らずに携帯代だけ残るのか?って疑問が出てきますよね。それは携帯利用料金の中に、本体代金を分割して支払うという契約をしている人も多いですよね。あれは、クレジット契約になるんです。ですから、クレジットカードで買い物をした金額が引き落とし不能になり、信用情報に報告がいくのと同じシステム。

だから、5年間借入もクレジットカードも利用せずに真面目に生活してた人でも、携帯電話料金の滞納をしていれば、新たな信用情報が報告されるということになって、破産宣告の情報は消滅していたとしても、新たな情報が残るということになるんです。その辺を考えてからモビットの審査を受けないと、無駄な審査落ちになってしまいます。また、確実に情報を得るためには、自分で買いい請求をすることです。

本当にどちらか分からない場合は、モビットに相談してみてもいいかもしれませんよね。

【参考ページはこちら】
自己破産の経験があってもモビットならまた借りられる?

モビット審査自己破産者でも借りいれできるか

モビットのキャッシングカードローンは、金利3.0%~18.0%、利用限度額は最小1万円から利用することができ最大で800万円までとなっています。モビットカードの入会に、手数料や年会費は不要で担保、保証人も必要ありません。満20歳から69歳の安定した収入のある方が申込み対象となりますので、パートやアルバイト、自営業の方でも申し込みできます。

申込方法ですが、パソコン、携帯電話、スマートフォン、電話、郵送、ローン申込み機から申込みができますので、多種多様な方法で自分の都合にあった申込み方が選べます。会社や自宅に電話をされるのが困る、まして自宅に申込書類などの郵送物が送られてくると家族に借金がバレるのが怖い方であればweb完結申込みを選ぶことで、書類郵送なし、電話なしで手続き完結します。

モビットのカードローンは、審査がありますので申込みをされた方がすべてカードを利用できるわけではありません。モビット審査自己破産してしまった人ですが、そのような方だとカードローンを申込みしても断られてしまいます。自己破産とは、多額の借金を返済不能であると裁判所に認めてもらい、借金の返済が一切免除になる手続きをすることです。

自己破産すると、借金の返済を今後しなくていいので、カードローン会社からの督促もなく、毎月の給料から返済にまわしていたお金がそのまま自由に使えますので、精神的にも経済的にも楽になります。しかし、自己破産をしてしまうと住宅などの財産を処分しなけらばならなくなり、さらに一定の職業に就けなくなる、信用情報機関のその事実が登録されます。信用情報調査で自己破産者と分かれば、その時点での融資は断りとなってしまいます。

しかし、必ず融資が受けられないわけではありません。信用情報機関に自己破産したことが登録されている期間は5年間で、長くても7年間です。登録されている期間中はどの会社でも融資を断れてしまいますが、期間経過後で情報が消えていれば融資を検討してもらうことができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 【知って安心】モビットも良いけどこちらも良い!金融会社紹介 All Rights Reserved.