モビットは本審査の時間がかかる時があるが

キャッシングベスト3

本審査に時間がかかるとき、モビットは何をしている?

たまにモビットの話を友人としていると初めて使ったという人や、私達のように長く使っているものでも、どうも本審査の時間にはばらつきがあるんだなということがわかります。どうしてモビットは本審査で長い時間をかけたり短かったりするのでしょうか?それと長い時には何をしているのですか?

時間帯や方法、その人の信用状況によって時間が変わる

モビットの話ではたしかにその話題はたまに出るかと思いますが、仮審査についてはすぐに通るので問題がないのでしょうが、本審査についての時間がかかる場合とすぐに出る場合があるのはその通りです。それはまずどういう方法を使って申込をしたか、そして時間帯はどの時だったか、またその人の収入や他社借入などの信用状況というのはどうなっているのか?によるといえるでしょう

モビットの場合には特徴的なこととしてまず方法論でネットからの申し込みが多いと思います。ただ、ネットで申し込みをするよりも無人契約機を使ったほうが本審査まですぐに終わるという特徴があるのです。これを知らない人のほうが多いでしょうが、もしすぐに枠を広げたいのであれば無人契約機を使ったほうがいいでしょう。ネットよりもスピーディーです。

もう一つネットでもそうですが申込時間が夜遅いと次の日に回されてしまいます。特に9時くらいに申込をしたとなれば申し込みの受付はされたとしても仮審査や本審査までに時間がかかります。次の日まで回されますし、場合によってはお昼を超えるかもしれません。これは時間帯によって処理できるできないというものがあるというわけです。

またよく言われる信用というものも大きく関わっています。信用情報は収入や他社借入などがどのくらいあるかなどにもよりますが、これによって本審査後の枠の大きさというのも変わってきます。一応基準というのはあるのだと思いますが、微妙な位置にある人の場合は時間がかかるといえるでしょう。

以上のような要素が混ざっているので時間がかかるときもあれば、何も問題がない人であればスピーディーに本審査まで終わることがあるというわけです。遅くても特に問題はないので気にしなくていいですよ。

【参考ページはこちら】
なぜモビットは「審査が厳しい」と言われないの?

モビットの本審査にかかる時間と契約について

モビットは銀行系カードローンとして人気が高く、金利が低いので魅力も大きいサービスです。その審査には多少の時間がかかるため早めの申込が大切です。仮審査や本審査を考えると長くて2週間ほどの期間がかかるので十分計画的に申し込む必要があります。借入希望額や利用目的なども合わせて考えておくと安全なローン利用ができ、審査にも通過しやすくなります。

本審査の前にある仮審査は数日から1週間程かかりますが、早ければすぐに終了するため事前にインターネットから申し込みをしておくなど工夫すると素早く本審査を受けられます。それらの時間を短縮するときにはとにかく先手を打っておく必要があり、インターネットを活用することが大切です。事前にローン契約の方法などを銀行員に聞いておくのも良い方法です。

本審査では実際の返済能力や過去の信用情報などかなり詳細な部分まで踏み込んで審査が行われるので虚偽の申告などをしているとそれだけで審査に通過しない場合があり注意が必要です。出来る限り正確な情報を伝えておくことで審査にかかる時間も短縮できるので事前に調べておく項目もあります。契約内容の書面をよく見て審査にかけられることなどが少しでも分かれば特にスムーズに審査が済むでしょう。
(⇒モビットの仮審査と本審査の違いをもっと詳しく知りたい方はこちらへ

モビットは銀行が主体のカードローンなので審査もそれだけ厳しくなっています。出来る限り余裕を持って申し込みをすることで確実に安全なローンを組むことができます。場合によっては仮審査の段階でも審査が長くなってしまいますが、ある程度の時間を待つことも重要です。催促の電話は審査を早めるような連絡をしてしまうとそれも審査の対象になる場合があるため注意しましょう。

モビットを借り入れるときにはじっくりと計画的かつ慎重に申し込むと良いです。時間がかかることも前提にして早めに申し込みを済ませるとそれだけでスムーズに問題を解決でき、思い通りのローンを組めるでしょう。審査内容は消費者金融などのサービスと同じような場合も多いため、ある程度情報を集めておけば十分といえるでしょう。リスクを事前に減らしてローンを組んでいきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 【知って安心】モビットも良いけどこちらも良い!金融会社紹介 All Rights Reserved.