モビットは自営業の場合、必要書類が多い?

キャッシングベスト3

自営業なのですが、モビットの借入では必要書類はなんですか?

自営業をしています。しがないお店をやっているんですけれども、モビットで借入をしようと考えているのですが、必要書類というのはいったい何があるんでしょうか。消費者金融や銀行系カードローンでは必要書類が銀行のようにたくさん必要でしょうか?

自営業なら身分証と確定申告書があれば問題はない

自営業が借入をするとなるとどうしても銀行からの融資というのが一番最初に思いつくと思います。その時には本当に色々なものを提出しなければなりません。例えば必要書類としては確定申告書だけに限らず身分証明証から決算書、3年分くらいまでをさかのぼって必要と言われたりします。しかしモビットの場合はそういうものは必要ありません。

うまく行けば身分証明証だけあれば、自営業でも借り入れができるというのです。これはありがたいことではないでしょうか。モビットの場合実は自営業でも特にこれといったものを必要としないのです。場合によっては確定申告書だけだしてほしいというように言われる可能性もありますが、だからといって他にも何年分も出さなければならないことはありません。

あくまで銀行と違ってモビットは消費者金融ですから、返済できるかどうかということだけを見ているのです。いわゆる返済可能性と言われるものですけれども、この返済可能性をモビットは見ているので、銀行系カードローンでも消費者金融でも、銀行のようにたくさんの書類は必要ないのです。中でもモビットの場合は提出する書類は多くありません。

ただしモビットでは銀行からの借入と違って、使い道としてビジネスのために使うということが認められていません。黙って使うという方法もあるのかもしれませんが、そういうことが必要ならば事業向けのビジネスカードローンというものがあるのでそれを探して使いましょう。自営業者だとどうしても自分の生活とビジネスのお金が混ざりがちですが、そこはきっちり分けておいたほうがいいでしょう。

モビットは自営業者にとってもかなりやさしい業者でもありますから、お金に困ったという時には相談してみるのがいいでしょう。

自営業の方がモビットに利用に必要書類はどんなものか

消費者金融はその迅速の速さ、申込の手軽さから多くの方が利用しています。消費者金融の多くの場合は、来店以外にもインターネットや電話での申し込みに対応しており、自宅からでもすぐに手続きを行うことができます。そして、その後はすぐに審査が開始され、早ければ即日にも融資が受けられるようになります。まずは安心して利用できる信頼性の高い業者を選んでおきましょう。

消費者金融も多くの業者がありますが、特に大手の業者はサービス内容も充実しており、信頼性も高くなっています。モビットも大手の業者として有名な存在で、こちらは最大で800万円までの融資にも対応しており、WEB完結申込なら郵送や電話なしで申し込み手続きが行えます。
対象は20歳以上69歳以下の方で安定した収入を得ている方となっています。安定した収入のある方なら給与所得者の方はもちろん、アルバイトやパート、派遣社員の方、そして自営業の方にも申込が可能です。

融資を受けるためには、まずは審査が必要ですので必要書類は事前に用意しておきましょう。まず、本人を確認できる書類が必要となりますので、運転免許証やパスポート、健康保険証などの身分を証明できる書類が必要となります。お勤めをされている方の場合は源泉徴収票や給与明細の写し、所得証明書の写しなどが用意されることとなります。

そして自営業の方の場合はまた用意する書類が変わってきます。自営業の方の場合は、収入を証明できる書類では、毎年確定申告を行っていますので、確定申告書を用意しておきましょう。そして営業状況確認書類が必要となりますが、こちらの書類はモビットのホームページでダウンロードすることができます。来年度の経営状況について回等するもので、該当する項目にチェックを入れ収支計画欄の見込み金額を記入します。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 【知って安心】モビットも良いけどこちらも良い!金融会社紹介 All Rights Reserved.