生活保護になったとしてもモビットなら見捨てられない!?

今は仕事もしているし元気ですから問題ないんですけれども、万が一のことを考えると「大丈夫かなぁ」と思います。保険に入っているわけでもないので、生活保護を受けるしかないと思うんですが、生活保護になると色々と制約も厳しいと聞きます。借入をして好きなモノを買うこともデキないとか。

ということは生活保護を受けていると、モビットでも借り入れというのは出来ないのでしょうか。モビットはいろいろな人に貸し出しをしていると聞いていますし、うまく行けば生活保護でも助けてもらえるんじゃないかと期待していますが…

さすがのモビットも生活保護を受給しだすとお手上げだ

モビットのことを非常に評価してくれているのでモビットはすごい喜んでいるかと思うんですけれども、さすがにそこまで行くと過大評価かなとも思います。生活保護を受けるくらいになってしまえば、さすがのモビットといえども貸出をするという訳にはいかないでしょう。そもそも収入がないわけですから。

「生活保護費をもらっているからこれが収入じゃないのか?」と思う人もいるかもしれません。生活保護費は家庭や住んでいる場所によっても違うのでなんとも言えないですが、だいたい年収で100万円前後は一人でも貰えるかと思います。となると、20万から30万くらいの枠をモビットなら貰えるはずですが、これはあくまで給付ですからモビットは収入とはみなさないのです。

ですので生活保護をもらうようになるとモビットは返済してしまうか、もしくは任意整理か自己破産ということになると思っておいてください。(こちらもご参考に→自己破産者でもモビットで借り入れできるの?)もしそれでも借り入れをしたいという人がいれば、あとは闇金のような地獄の借り入れをするしかないと思ってください。ヤミ金に手を出したら人生は自己破産以上に厳しい物になるでしょう。

このように生活保護になると本当に制約が厳しくなってほしいものも買えないようになってしまいます。モビットに頼ろうと思っても厳しいですから、生活保護は避けてできるだけ自分の蓄えや試算などを構築しておくことをおすすめします。それが自己防衛につながるでしょう。

生活保護でもモビットを利用できるのかを検証する

お金が急に必要になってしまった場合にはいくつか方法があります。まず、お金を融資してもらう方法が一般的です。融資してもらうためには銀行などから融資してもらう方法やフリーローンのカードローンなどを利用する方法があります。銀行から融資してもらう場合は審査が厳しく、フリーターや収入が安定していない人には難しいといえます。それに対してカードローンは審査も甘く主婦やフリーターでも融資を受ける事が可能です。
(⇒旦那に知られずモビットを利用したい主婦の方はこちらへ

では、生活保護受給者はどうなのでしょうか。生活保護を受けている人というのは世の中に大勢います。その数は200万人以上いて、それだけお金に困っている人が多いということがうかがえます。生活保護受給者とは資産や自分の能力などすべてを使っても生活を行うことが出来ないほどの貧困にあえぐ人たちに与えられる国の福祉制度のことです。人によって毎月の受給額が変わってきますが、その人が生活していく上での最低限の金額しかもらうことはできません。

一人暮らしで養う人がいない場合は月12万から13万ほどが限度といえます。扶養する家族などがいる場合はそれに応じて月々の金額も変わってきます。しかしながら、それも最低限の金額です。そのため、金銭的な余裕などがあるはずもなく、貯金などもほとんど許されていません。また、生活も監視されているため、非常に苦しい生活を強いられます。こうした人たちがお金がなくて、急な出費を必要とした場合、お金を借りる必要があります。

しかしながら、なかなか生活保護受給者はお金を借りる事が出来ないのが現状です。基本的に生活保護受給者はモビットなどのフリーローンからお金を借りる事は出来ません。けれども、特殊な状況に限り、融資が認められる可能性があります。例えば、冠婚葬祭などの場合は特例として認められています。また、他の事情でも認められる可能性があります。そのため、一度モビット等の会社に相談する必要があります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 【知って安心】モビットも良いけどこちらも良い!金融会社紹介 All Rights Reserved.