個人事業主がモビット利用時に必要なもの

キャッシングベスト3

個人事業主でモビットを利用する場合、必要なものってなに

私は40代の男性です。個人で事業を営んでいます。最近、お金に困ることがあってお金の工面をしたいのです。しかし、社員ではなく自営業になるので、自営業だと借入の審査に厳しいと思っていました。しかし、モビットなら自営業も借入ができると聞きました。なので、モビットに申し込みをしようと思います。個人事業主でモビットを利用する場合、必要なものってなんでしょうか?

通常の必須書類に経営状況を確認する書類が必要です!

ご質問者様は個人事業主なんですね。確かに自営業だとカードローンの審査には不利だと言われています。ですが、モビットは利用対象者の欄に自営業の方も含まれているので、モビットならば自営業でも審査に受かる可能性があります。
(⇒モビットで借り入れしたい自営業者の方はこちらもご参考に

さて、個人事業主の方だと必要書類が通常よりも増えます。なぜなら、個人事業主は事業経営の状況が自分の生活に関わってくるからです。事業がダメだと、生活も崩れてしまうのが個人事業主の辛いところですね。それがあるから自営業の方は審査に不利なのです。

その営業業況を確認するために、モビットでは個人事業主の方には「営業状況確認のお願い」という書類の提出を求めています。これを提出することで営業状況を確認し、お金を貸しても大丈夫か判断するのです。PDFをダウンロードする必要があるので、通常よりも一手間かかりますが、しっかりと記入し提出しましょう。その際に営業がいいほうがいいだろうと嘘の申告をしてしまうと、後々バレてから大変な問題になります。正しく申告し、今の自分に合う金額の融資を受けることが大切です。

個人事業主だと収入が安定しなかったり、先にも言ったように生活と経営が直結してたりと大変な面がたくさんあります。実際に銀行の融資は難しかったり、多くの書類提出を求められたりする例もあります。しかし、自分の足で経営を行い頑張っていることは胸をはれることです。モビットはそういった個人事業主にもお金を貸してくれる消費者金融です。書類不備がないように、信頼してもらえるように、申し込みから審査まで真摯な態度で行うようにしましょう。くれぐれも嘘の申告は止めてくださいね。

モビットは個人事業主でも事業資金として借り入れができます

個人で事業を行っている方にとっては、やはり資金調達先を考えておくのが、ひとつの経営課題になっています。通常は銀行などにお願いするのですが、やはり最初は借りれ額が低く抑えられたり、借り入れまでの期間が長いといったことがあります。こういったリスクに備えるために、ほかの資金調達先を考えておくのですが、その一つにモビットがあるのです。

モビットは、三井住友銀行グループの会社で、コマーシャルを多く展開していることもあって、個人向けというイメージが多いのですが、個人事業主も借り入れを行うことができるのです。特にここでは最大800万円まで借り入れが可能ですので、支払いなどで資金が必要になった時にも、個人事業主の企業規模の範囲であれば、対応可能なのです。(こちらもご参考に→モビットで800万円借り入れするための方法

さて、実際にモビットから個人の事業主が借りるためには、本人を確認する書類と収入を証明する書類が必要なのですが、それ以外に事業状況を確認するための書類を作る必要があります。これは銀行から借入を行う時にも、求められる可能性が高い資料ですので、すでに準備されている方も多いはずです。また事業計画を立てるためにも重要な書類なので、それを利用すると良いのです。なお事業計画を提出するときには、たとえば事業計画を拡大していくのであれば、それに対応した理由と計画、裏付け資料を作っておく必要がありますし、事業を縮小するためには、それなりの理由が必要です。

とはいえこれらの計画と資料、そして理由は銀行から借入を行う時にも必要なものになりますし、何より経営をするうえで重要な書類なので、準備しておくことは必須とも言えるのです。このような書類を準備して、審査を受けることで、借り入れが可能になります。そして一度審査を受けて融資が可能になれば、カードを使っていつでも資金を調達することができますし、指定した金融機関に振込も行ってくれますので、急な支払いなどにも対応できるのです。このように個人事業主の方が、資金調達先としてモビットを選ぶというのも、ひとつの有効な選択肢だということになるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 【知って安心】モビットも良いけどこちらも良い!金融会社紹介 All Rights Reserved.