住宅ローンがモビットの利用に影響するのか

キャッシングベスト3

住宅ローンを契約していてもモビットを利用できるのか?

私は40歳の車の整備会社に勤めるサラリーマンですが、3年前に自宅を購入するため住宅ローンを組み毎月その返済を行っています。しかし、毎月の返済額が少なくないので毎月の生活はギリギリで、急にまとまったお金の支出には苦労しています。

そのため、今後のことを考えてモビットのカードローンを契約しようかと考えているのですが、先日知人から住宅ローンを組んでいるとローン会社の利用は難しいのではないかと言われました。住宅ローンを契約しているとモビットを利用することはできないのでしょうか。

住宅ローンの利用よりも自身の信用力や返済能力が影響します

住宅ローンを利用していると消費者金融などのローン会社から融資を受けられないというような噂がネット上で囁かれることがありますが、その影響は少ないと考えられます。モビットなどのローン会社の多くは、住宅ローンという債務を含めた信用状況や返済能力を審査で評価するので住宅ローンそのものの影響は限定的と見るのが妥当といえるでしょう。

インターネット上ではカードローンに関するさまざまな口コミが流れますが、住宅ローンと借入れに関する情報も時折見られます。住宅ローンを抱えている人が貸金事業者とのローン契約で審査に落ちたというような話も時々あり、住宅ローンがカードローンの契約に影響するかもしれないという見方がされることがあります。

そうした事実が確かに存在するかもしれませんが、住宅ローンの利用者の中にもローン会社から融資を受けている人も少なからず存在するので、住宅ローンの利用自体がローン会社の審査に直接影響するというのは適切な考えとはいえないでしょう。

モビットのホームページには申込者が審査を受ける前に借入可能かを簡易に判定できるお借入診断というシステムがあります。ここに入力する項目は生年月日、税込み年収と他社での借入額の3つで、これだけでローンの利用が可能か否かを仮に判定しくれるのです。

そして、最後の項目の「他社での借入額」には住宅ローンを含まないことになっています。つまり、仮に判定する段階とはいえ住宅ローンはカードローンを利用する上でそれほど影響しないとモビットが判断していると解釈することもできます。

逆に住宅ローンをプラスの材料として評価する場合もあるようです。住宅ローンは自宅を購入するために大金を金融機関などから借入れするために組むものですが、利用するためには一定の信用力と返済能力が当然必要であり審査でその点が確認されています。そのため、カードローン事業者によっては住宅ローンの利用は一定の信用や収入の証としてプラスに評価するところもあるようです。

このようなことからモビットでも他のローン会社でも住宅ローンの利用自体をマイナス材料として扱うことは考えにくく、カードローンの審査での影響は限定的とみてもよいのではないでしょうか。申込者が住宅ローンを利用していても住宅ローンの返済が確実に実行されているのなら住宅ローンそのものの評価はせず、それ以外の信用面と収入面を評価して総合的に融資できるか否かを判断するものと考えてよいでしょう。

【参考ページはこちら】
モビットを利用していると大きなローンが組めなくなるってホント?

モビット利用中の場合でも住宅ローンの審査に合格できるか

家を購入しようと考える場合、ほとんどの人が住宅ローンを組むということになるでしょう。ローンを組む際には審査が当然あるわけですが、その審査を受けるにあたって、例えば「モビットを利用中なんだけど、審査の合否判定に影響は無いのだろうか?」というように、ローン申請時に消費者金融等でキャッシングローンを利用している場合は考える方は多いはずです。
(⇒モビットの借り入れがあっても住宅ローンは組める?

では、実際に消費者金融でお金の借り入れをした場合にローンの審査に何か影響が出るのかを調べていくことにしましょう。住宅ローンを借りる際の審査での合否判定の重要な要素のひとつとしては事故情報の有無があります。つまり、消費者金融等でお金を借り入れした場合に返済が遅れたりした事例が過去にあった場合には審査の合否に影響してくるということです。つまり、たとえ消費者金融でお金をいくら借りていたとしても、きちんと期日どおりに返済をしていれば何の影響もないという事です。

逆に借りた額が1万円だけだったとしても返済が遅れたりした場合には審査に影響してきます。次に住宅ローンを組んだときの返済額と、消費者金融等で借り入れをしているお金の返済額をあわせた額が年収のどれくらいの割合を締めているかというのがあります。この割合は大体年収の25パーセントまでに収めるようにと定められています。つまり、年収400万円の人の場合は年間100万円までということになります。

仮に消費者金融での借り入れしたお金の返済が毎月2万円だとすると、2万円の12か月分は24万円となり、100万円から24万円を引くと、76万円ということになります。この76万円が年間で住宅ローンの返済に当てられる金額になります。76万円を12で割ると、月々は6万3000円となります。これを限度一杯の35年とすると、単純計算では2660万円の家が買えることとなります。しかし実際は利息分を引く必要があるので、もう少し少なくなるでしょう。

以上のように、消費者金融でお金を借りても審査が不利になるというわけではありませんが、住宅ローンの借り入れ金額という面においては大きく影響してきます。(こちらもご参考にどうぞ→他社で借り入れしている人もモビットで借りられる?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 【知って安心】モビットも良いけどこちらも良い!金融会社紹介 All Rights Reserved.