銀行のカードローンの審査は落ちる事もある

キャッシングベスト3

【お悩み】会社員だけど銀行カードローンが通りませんでした…なぜ?

Q.会社員です。申し訳ありませんが、年齢は控えさせていただきます。先日なんですけど、銀行カードローンが通りませんでした。つまり、審査に落ちてしまったと言うことです。年収は300万円くらいで、現在2つの消費者金融から総額で100万円ほど借入れがあります。銀行カードローンなら総量規制の対象外と思って、申し込みましたがダメでした。また、過去に返済が何回かに亘って遅延したことがあり、滞納も一回してしまったことがあります。現在はきちんと毎月返済しています。今回銀行カードローンが通らなかった原因はなんでしょうか?教えて下さい!

A.そうですか。先日に銀行のカードローンが通らなかったのですね。それはお困りでしょうね。大丈夫ですか?で、他の借入先はもう見つかったのですか?

それでは銀行カードローンが今回通らなかった理由を考えていきましょう。現在あなたは、年収が300万円ほどあり定職にはきちんとついているのですね。また、消費者金融から総額で100万円ほどの借入れがあり、現在は毎月きちんと返済しているのですね。

そして、銀行のカードローンなら総量規制の対象外と言うことで、年収の3分の1以上借りられると思って銀行のカードローンの審査に申し込んだと言う訳なのですね…

う~ん!?いくつか通らなかった理由が考えられますね。一つ目は、銀行が総量規制の対象外と言っても、「必ず年収の3分の1以上借りられる」という保証は実はないことです。

原則として収入の3分の1以上でも融資可能と言うことであって、借手の総合的な経済状態や借入状況を勘案した場合、年収の3分の1以下でも融資できない場合があるのです。

それゆえ、あなたはすでに年収の3分の1近くまで消費者金融から借りている事実がネックになったと考えられます。二つ目は、過去に返済の遅延を繰り返したり、滞納してしまったことですね。

もしかしたら、そのことで信用情報にブラックが付いてしまっているのかもしれませんね。そして、仮に信用情報にブラックが付いていると、まず銀行のカードローンの審査は通らないと考えて下さい。

恐らく、このことが大きな原因と思われますね。そして、三つ目は、最初の事と重複してしまいますが、すでに2つの消費者金融から融資を受けている事が審査に影響したと考えられます。

さらに最後の点としては、銀行のカードローンの審査においては、銀行の審査に加えて保証会社の審査の両方を行います。そして、銀行のカードローンの審査では、保証会社の審査を重要視する傾向が強いようなのです。

つまり、今回のあなたの場合には、この保証会社の審査に落ちてしまった可能性が大きいと考えられます。そして、仮に保証会社の審査に落ちたとしたら、同じ保証会社の審査を受けている他の銀行のカードローンに申し込んでも必ず審査に落ちると言ってよいと思います。

以上の事から、どうしても融資を受けたいのなら、信販系のカードローンか、あるいは他の消費者金融のカードローンに申し込むしか他に手が無いと思われます。

銀行カードローンが通りませんでした…その理由、知りたくない?

銀行カードローンを利用しようと思ったら、審査が通らず借入できなかった…こういう場合、基本的になぜ審査に通らなかったのかという理由を知ることはできません。でも審査に通らない理由がわからないままでは、他のカードローンを申込むか、それともお金を借りること自体を諦めるべきなのか、その後の対策を考えることができませんよね。そこでここでは、銀行カードローンの審査に通らない理由として、一般的に考えられることを検証していきたいと思います。

銀行カードローンに限らず、お金を借りる際の事前審査でチェックされることというのは、その基準こそ違えどベースは決まっています。借入審査で何よりも重視されるのは、その人の返済能力です。そしてそれを確認するための判断基準となる項目は大きく2つに分けられます。1つは現在の生活状況、もう1つは過去の借入歴です。

まず現在の生活状況については、申し込み時に申告した様々な情報をもとに判断されることになります。こういった審査というと収入や仕事ばかりが注目されると思われがちですが、決してそういった一部分だけで結果が決まるわけではありません。確かに雇用形態に関わらず定職に就いていて、安定した収入があるというのは大前提ではありますが、たとえば住居が持家か賃貸か、あるいは年齢や扶養家族の有無と言った様々な情報も含めて相対的に審査の可否、そして借入限度額の増減を判断することになります。

そしてもう1つ、借入歴に関しては、本人からの申告だけでなく、信用情報という過去の個人の借入に関するデータをもとに確認されます。このデータは専門の機関で管理されており、こういった審査の際には必ず照会されるものです。もしも過去に借金を踏み倒したり、債務整理をするなどのトラブルを起こしていれば事故としてそれが記録に残ります。したがって、万が一そういった過去の借入歴に関する問題を隠したり、ウソの申告をしたとしても確実にばれてしまいます。信用情報に事故が登録されている人はいわゆるブラックと呼ばれ、銀行カードローンを含めほぼすべての借入審査に通らなくなってしまいます。

以上のことを踏まえて、自分の状況と照らし合わせてみると、自分が審査に通らない理由というのが見えてくるのではないでしょうか?スムーズに審査を通って借入をするためには、条件に合わせた借入先選びが非常に重要です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 【知って安心】モビットも良いけどこちらも良い!金融会社紹介 All Rights Reserved.