カードローンの審査に通りやすい基準はある

キャッシングベスト3

【Q&A】カードローンの審査に通るのは?に関する秘訣を知りたい

Q.勤続7年の会社員です。これまでカードローンを利用した経験はありません。が、ちょっと最近は物入りなことで今回初めてカードローンの利用を考えています。銀行か消費者金融かはまだ決めていません。とにかく、「カードローンの審査に通るのは?」に関するなにか秘訣みたいなものがあれば教えていただきたいのです。

A.「カードローンの審査に通るのは?」についての秘訣があれば知りたいということですね。もちろん、お教えしましょう!さて、ちょっと逆説的な言い方となってしまいますが、「カードローンの審査に通るのは?」を考えるには、逆に「カードローンの審査に通らない理由」を詳らかにしていけば良いのではないかと思うのです。

つまり、カードローンの審査に通らない理由をすべてクリアできれば、つまるところそのことが「カードローンの審査に通るのは?」に対する答え、秘訣になると言うことなのです!

それではこの観点から解説していきますよ!!カードローンの審査に落ちる人には必ず共通点があるのです。そして、そのような共通点をクリアすることがカードローンの審査に通る秘訣となります。

一つ目は、返済の遅延を繰り返したり滞納したり、また自己破産や任意整理を経験して信用情報にブラックが付いている、いわゆる“金融ブラック”の方は審査に必ず落ちます。

二つ目は、勤続年数が1年や1年に満たないような方と自営業者で3年に満たない方は、審査には通りません。その理由は、継続的な安定収入が無いと判断されてしまうからです。

それゆえ、会社員では1年以上、できれば2年くらい、また自営業では3年以上の条件が必要となります。三つ目は、本審査において電話確認が取れないような方です。在籍確認の電話は融資の際に必須条件となりますので、その確認が取れない方は融資を断られます。

そのことから在籍確認の電話は必ず対応できるようにしておいて下さい。会社への電話が困るのであれば、携帯電話に掛けてもらうようにしておけばよいでしょう。

四つ目は、融資の申し込みフォームにウソや偽りを書いてしまった場合です。たとえば、「ちょっと多めに年収を書いてもばれないだろう」といった安易な考えは止めて下さい。

なぜなら、相手は審査のプロなのですから、ウソを書いても必ずばれます。そして、仮にウソが発覚したら融資をその場で断わられる場合があります。

五つ目は、複数社からの借入れがあり、多額の借金を抱えている場合は、まず審査には通らないと考えて下さい。以上のようなマイナス要因をすべてクリアすることが「カードローンの審査に通るのは?」に対する答え、秘訣となります。

また、そのような条件に加えて、満20歳以上の成人であり、継続して一定の安定収入があることが絶対条件となります。さらに言えば、一般的に銀行のカードローンよりも消費者金融のカードローンの審査の方が甘いと言われていることから、消費者金融のカードローンに申し込むことが「カードローンの審査に通るのは?」に対する、もうひとつの答えとなります。

カードローン審査に通るのは?審査に有利な条件教えます!

カードローンの審査を不安に思う人は多いものです。その理由としていちばん大きいのが、『審査の基準がよくわからない』ということではないでしょうか?カードローンなどの審査の基準というのは業者に関わらず対外的に公開されるものではありません。そのため、特にカードローン初心者にとっては自分の条件がカードローンの審査に有利なのか、はたまた不利になるのか全く判断できないという状況が余計に不安をあおることになるのです。

カードローンに馴染みのない人には意外に感じるかもしれませんが、カードローンの審査の基準として公式的に決められたルールというものはありません。したがって、どうしても業者によって借りやすい、あるいは借りにくいという形で差が出てきてしまうことになります。ただその一方で、ある程度の共通する条件というのが存在することもまた事実です。ここではそんなカードローンの審査に通りやすいとされる、有利な条件についてご説明していきます。

カードローンに関わらず、すべての借入審査に共通している重要なポイントは、『返済能力』です。返済能力は大きく分けて2つの観点からチェックされることになります。1つは金銭的に返済が可能か、そしてもう1つは気持ちの面できちんと返済する意思があるのかということです。

まず金銭面については、現在の生活状況から判断されることになります。特に収入に直結する仕事関係の情報は重視されます。よく言われるのが、正社員が最も有利で、雇用の安定性が低くなるほど条件としては悪くなるということですね。これは確かに間違いではありませんが、それが全てかというと決してそうとも言い切れません。

カードローンの審査では、いかに安定して収入があるかということが非常に重要なポイントになります。そのため、例えば正社員でも転職したばかりで勤続期間が数ヶ月にも満たないようなケースではあまり有利とは言えません。逆に、フリーターでも同じところですでに何年間も勤務しているということになれば、相応の評価を受けられることもままあるのです。

もう1つの返済する意思に関しては、過去の借入歴がその主な判断材料になります。もしも過去に債務整理をしたり、それでなくても借金の返済を延滞した経歴があったりするとかなり不利になってしまいます。過去に借りたお金をきちんと返せなかった人は、また同じことを繰り返す可能性があるとみなされるためです。

上記の2点をしっかり抑えておけば、カードローンの審査で苦労するということはそうそうないでしょう。あとは事前にしっかり情報収集をして、自分に合った借りやすいカードローンを探すことが大切です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 【知って安心】モビットも良いけどこちらも良い!金融会社紹介 All Rights Reserved.