モビットの借入単位は昔から一緒なのか?

キャッシングベスト3

今も昔もモビットの借入単位は変わっていないの?

今も昔もモビットというのは存在していました。ただ今のモビットと昔のものでは全くと言っていいほどレベルの違うものになっているというのはよく知られていることだと思います。さて、そんなモビットですけれども、借入単位についても変わっているのでしょうか?

昔と同じ借入単位を使っているのか今は違うのか、ちょっとした疑問ですけれども知りたいです。他の変わっている点や変わらない点なども一緒に教えてもらえればと思います。

借入単位についてはモビットも他も変わってきている

昔もモビットはあって今まで人気のある消費者金融として存在している、というのはよく知られていると思います。そして今も人気で変わらないモビットですけれども、確実に変わっている部分というのはあります。その1つとして借入単位があるといえるでしょう。と言ってもこれが変わっているのはモビットだけのことではないのですが。

モビット以外の消費者金融、及び銀行系カードローンでも変わってきているのがこの借入単位なわけですが、その昔は1万円札しか扱われなかったのです。1万円札しか扱っていなかったのには理由があり、昔のサラ金でも同じように1万円単位でしか借り入れをすることはありませんでした。ニーズとしてもさらに少ない金額で借りたいという人もいなかったようです。

しかしそれがどんどんニーズが多様化して、少しだけを借りたいという人も増えてきたのです。ただ機械がまだ対応していなかったということもあって1万円札が中心でした。借入単位が千円に下がったのは無人契約機やATMが千円札にも対応するようになってからです。それ以降は今でもそうですが、大手の消費者金融であるモビットなど他の業者も同じように千円単位での借り入れが可能になっています。

今後もしかするとまた借入単位が減っていって100円玉や10円玉の取り扱いもできるようになるかもしれません。(こちらもご参考に→モビットのカードローンは硬貨の借り入れもできるの?)ただしそれもATMが使えるようにならなければ進まないでしょう。現在一番使われているコンビニATMも小銭非対応のところが多いですから、それが直らない限りは借入単位は変わらないでしょうね。

モビットの借入単位はなんと千円になっています

カードローンは非常に便利なキャッシング方法であるために、多くの人が利用しています。ATMを利用して、まるで自分の預金口座からお金を引き出しているかのような感覚で利用することができます。多くのカードローン会社がコンビニATMと提携していますので、それこそ24時間いつでも自由にお金を借りることができます。そのため、ついつい借金しているという認識が希薄になってしまう人が少なくありません。

いくら気軽に利用することができるとは言っても、カードローンを利用したキャッシングは、間違いなく借金です。借りたお金には必ず利息がつくことになっていますので、借りる際には必要最小限の金額を借りるようにするのが一番です。必要な時に必要な金額だけを借りて、なるべく早く返してしまうというのが、キャッシングの一番賢い利用方法です。

しかし、多くの金融業者が最低借入単位を1万円にしています。それよりも低い金額でチマチマと貸し付けていたのでは採算が合わなくなってしまうためです。そのため、もしも1万5000円必要だったとしても、2万円借りるしかありません。本来であれば借りる必要のなかった5000円については使わずにとっておけばよいのですが、ほとんどの人が何となく使ってしまいます。また、借りた2万円に対する利息が発生します。

借入単位が1万円になっていると、どうしても借りすぎになってしまいますし、利息の負担も大きくなります。借入を1件単位で考えると、取るに足らない些細な負担増に見えますが、毎回このような借入を繰り返していると、その負担は意外なほどに大きくなります。ですので、できるだけ小回りの効く借入が可能になっているカードローン会社を利用するのが望ましいです。

このような観点から考えた場合におすすめすることができるのが、消費者金融のモビットです。モビットの借入単位は千円単位になっていますので、本当に必要な金額だけを借りることができます。また、返済も千円単位になっていますので、細かく繰り上げ返済していくことができます。1万円は無理でも5000円なら返せるという場合が案外多いですので、モビットを選ぶメリットはかなり高いと言うことができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 【知って安心】モビットも良いけどこちらも良い!金融会社紹介 All Rights Reserved.