モビットで限度額以上に借入する方法とは

キャッシングベスト3

モビットで限度額以上に借入していくにはどうしたらよいか?

私は2年ほど前からモビットを利用していますが、もうすでに借入限度額まで借入している状態です。子供の進学などで資金が不足しそうなので限度額以上の借入が必要となりそうですが、このままではできそうもありません。

モビットで限度額以上に借入していくにはどうしたらよいでしょうか。何か良い方法はないでしょうか。

モビットでの利用実績に加え信用力と返済能力の向上が必要です

モビットでは最高800万円までの融資が可能となっていますが、利用者の状況により利用限度額が決められます。利用者はその限度額の範囲なら追加の借入が自由に行えますが、限度額を超えて借入することは不可能です。限度額以上の借入が必要なら限度額をアップさせる必要がありますが、そのためにはモビットでの利用実績に加え信用力と返済能力の維持向上が欠かせません。

モビットの会員はローン契約時に審査を受けて借入可能な利用限度額が決定されます。会員はその利用限度額の範囲であれば借入と返済を自由に繰り返し行えるので、利用者にとっては機動的な資金調達が可能となり本当に便利です。

しかし、会員は限度額を超えて借入することができないので、限度額以上の資金が必要な場合には何らかの資金調達の手立てを考えねばなりません。その方法としては、モビットの限度額を増額する、他社のローンを利用する、といった手段があります。しかし、モビットのみで対応するなら当然前者しかありません。

モビットの限度額を増額させていく場合、モビットからの増額案内に従って増額申請するやり方と、自らの判断で増額申請するやり方のどちらかになります。前者の方では、モビットが何らかの調査・確認を通じて増額可能対象者を選出していると考えられるので、審査に合格する確率が高いといわれています。したがって、増額案内を受けて増額申請するやり方が増額への早道といえそうです。
(⇒モビット増額申請の方法をもっと詳しく知りたい方はこちらへ

しかし、前者であっても後者であっても増額のための審査を受けることにはかわりなく、結果もその審査次第です。増額の審査では、特にモビットでの利用実績が重要とみられており、一定期間での借入の金額や頻度、そしてその返済の状況などが増額に値するかどうかしっかり評価されるようです。

つまり、増額させても借りてくれない人や返済に不安があるような人には増額させないという考えが増額審査で見られるのです。また、他のローン会社での信用事故があったり、転職して年収が下がったりしているようなら当然増額の可能性は低くなるでしょう。

そのため、モビットでの適度な借入実績を積み返済を確実に行っているという信用を高めていくことが第一に重要といえるでしょう。また、ローン契約時や前の増額審査時よりも信用力や返済能力を低下させず少しでもアップさせることも欠かせない要件となるのではないでしょうか。

クレジットカードなどでの支払いも遅れることなく実行する、他社のローンでの借入金額を少しでも減少させる、安易な転職をしないでまじめに勤める、機会があれば昇進や昇格に挑む、収入アップに繋がる資格を取得する、といった手段を講じることで信用力や返済能力を維持向上させることも不可能ではありません。まずはあなたが取り組みやすいものから実行してみてはどうでしょうか。

モビットの限度額以上借入を考える前にすること

はじめにカードローン会社に申請した後になされる審査を通過するのは、20以上69歳以下の範囲内で定期収入があることが最低条件で、現在の借入状況などから総合的に判断されて限度額は決定されます。

一般的に返済を考えると年収の10%というのが一つの基準で、希望借入額を申請しても、基準をオーバーしていると希望より限度額の枠は小さく設定されることが多いです。一般的に100万以下の限度額が設定され年率18.0%が適用されます。借りすぎ防止策もあって導入された貸金業法の法律「総量規制」が、消費者金融などで無担保のローンは、借入各社の総額が年収の3分の1までと制限がついています。

しかし、そのため、ほかの消費者金融からの借入がないとしても、はじめの審査から年収の3分の1の法律上の限度額いっぱいの借入限度額の設定はしてもらえないのが普通です。モビットで限度額以上借入をするためには再審査が必要です。それも、初めの審査での限度額内での借入と滞りない返済実績を作って信頼がついてからでないと、希望額に上げる再審査通過は難しいようです。

しかも限度額100万円以下なら年率18.0%ですが、800万円では3.0%ですから借入時に発生する利息の差は大きくでます。限度額を引き上げたいと考えるのは理にかなっています。モビット1か所で限度額をあげることに固執するよりは、銀行や信用金庫といった、初めから実質金利のもっと低い金融機関での借入枠を作ることも考えるといいです。最大でも10%というところもあります。

特に銀行などの金融機関は、消費者金融と違って「総量規制」の対象ではないので、所得証明も不要で消費者金融とは違ったスタンスに立っています。いずれにしてもモビットなどの消費者金融で、限度額を大きくもつには、返済能力が問われるので年収が多くなければ難しいです。借入限度額をあげることを考えるより、借入額を小さくする方法、日々出費するお金の使途の洗い出しを行い、縮小できるもの、使い方に工夫できるものを改善し、経費節約するほうが先決です。まずは健全にお金を利用することが重要です。

【参考ページはこちら】
モビットで増額申請を断られた!どうしたらいい?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 【知って安心】モビットも良いけどこちらも良い!金融会社紹介 All Rights Reserved.