借り入れありでも住宅ローンを組める可能性

キャッシングベスト3

モビットでの借り入れありでも住宅ローンを組むことが可能か?

私は現在37歳の家具メーカーに勤める会社員ですが、頭金も用意できたので住宅ローンを利用して自宅を購入しようかと思っています。しかし、私にはモビットからの12万円の借り入れがあり今も毎月1万円の返済をしているのですが、このことが住宅ローンに影響して利用が困難になるかもしれないと友人から聞きました。

モビットなどの消費者金融から借り入れしていると住宅ローンを組むことが難しくなるのでしょうか。

モビットの融資を受けていても住宅ローンの利用は可能です

消費者金融などのカードローン会社から借り入れをしている場合にオートローンや住宅ローンの利用が難しくなるといった噂がネット上で見かけられます。確かに住宅ローンの申込者がモビットなどで多額の借り入れをしていれば、その利用を断られるかもしれません。しかし、それは貸金事業者からの融資そのものが問題なのではなく、その利用者の信用力と返済能力などに問題があり、その状況次第では住宅ローンの利用も可能なのです。

貸金業界のイメージはかなり改善されつつありますが、それでも消費者金融に借り入れしているだけで多額の借金を抱えているのではないか、という先入観が社会の一部に残っているかもしれません。そんな考えが反映しているかどうかは不明ですが、貸金事業者から融資を受けていると教育ローン、オートローンや住宅ローンなどの利用が困難になるといった根拠のない噂がネット上で流れていることもあります。

しかし、現実的には両方のことが起こりうると考えられます。例えば、カードローンで多額の借金を抱えている人がとても返済できるほどの収入も得ていないのに住宅ローンを申し込んでも審査に落ちる可能性は高いでしょう。逆に貸金業者からの借入額は十数万円程度で、住宅ローンを長期に渡って返済できる収入があればその審査に合格できる確率は高いのではないでしょうか。

つまり、個人が住宅ローンを利用できるか、契約してもらえるかは、カードローンなどの返済額と住宅ローンの返済額を含めた債務全体をその返済期間で支払できる収入力を持っているかどうかにかかっているといえます。また、収入力に加えて長期に渡る支払いをコツコツと実施していける信用のおける人であるかどうかも審査では重要となるでしょう。

カードローンやクレジットカードなどでの返済で支払いが長期間遅れていたり、遅延が度々発生したりしているような人はとても多額のお金を貸せるだけの信用はないと判断されるかもしれません。このようにさまざまなローンでの借入状況、収入力や信用力が住宅ローンの申込者ごとに審査され、その合否が決するものと考えられます。

したがって、モビットに12万円の借り入れがあっても借入額自体は少額なのでそれ自体は問題ないと考えられます。問題になるかどうかは、そのローンの返済や他のローンで信用事故を起こしていないかどうかが影響することになるでしょう。もしそのような信用事故がないようでしたらモビットでの借り入れのことを心配する必要はないのではありませんか。

モビットで借り入れでも住宅ローンは借り入れるか?

キャッシングやカードローンを利用していると、どうしても気になるのが【住宅ローンや自動車ローン】は利用できるのかという点です。ここに影響するポイントは様々ですが、中でも自分で比較的簡単に判断できるポイントを紹介します。ローンを申し込むこと自体にもデメリットとなる可能性が秘められているため、事前に確認し無駄な損失を避けるようにしてください。

先ず、大切なポイントは【総量規制】に関するものです。総量規制とは「年収の1/3を超える借り入れを制限する規制」です。これにより、「規制の対象となる範囲の借入ができない状態」になっています。仮に年収が400万円であれば、単純計算で【133万円まで】の借入しかできないと言った具合で、年収によりその金額は大きく変化してきます。

しかし、この規制が及ぶ範囲は決められており、全ての借入に対して規制の対象となるわけではありません。この規制の効果範囲は「消費者金融」を対象とした借り入れのみを対象としており、銀行などの消費者金融とは別の媒体を利用する場合の借入には制約がありません。そもそも、住宅ローンの金額は数千万円から、場合によっては億単位の契約となるため、年収ではクリアーできる人はごく一部です。その理由から【モビットで借り入れでも住宅ローンは利用できるのか】と言う問いに対する答えは、簡潔に言ってしまえば【可能である】となります。

ただし、不可能となる場合があります。それが2点目のポイントです。それは、【過去に金融事故を起こしていない事】です。万が一、直近の10年以内に事故もしくはそれに相当する内容がある場合はローン申請は否決される可能性が高くなります。2点目のポイントにおいて重要なことは、【返済能力】です。与信と言ってもいいですが、「本当にこの人にお金を貸しても大丈夫だろうか」という部分です。ローンはあくまで融資であって寄付では無いため、現実的に返ってくる可能性が低い人には銀行はお金を貸しません。少なからず不安のある人は、自分の信用情報を照会することも一つの方法です。

【参考ページはこちら】
モビットのカードローンって闇金じゃないよね?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 【知って安心】モビットも良いけどこちらも良い!金融会社紹介 All Rights Reserved.