モビットで再借り入れしても返済額は同じか

キャッシングベスト3

モビットで再借り入れしても返済額は変わらないのでしょうか

まとまったお金が必要で二ヶ月前にモビットで借入をしました。返済は順調に行っているのですが、またお金が必要なことがあり、モビットで再借り入れをしたいと思っています。そこで気になるのが返済額です。モビットで再借り入れしても月々の返済額は変わらないのでしょうか?

再借り入れを行うと月々の返済額は設定し直されます!

モビットの返済は「借入後残高スライド元利定額返済方式」と呼ばれるものです。これは、月々の返済額が最終借入後の残高によって月々の返済額が決定する方式になります。残高に応じて返済額をモビット側が決定してくれるので無理のない返済ができて利用しやすい返済方式です。

さて、ご質問者様は再借り入れを行いたいとのことですが、再借り入れをすると月々の返済額は残高に応じて再度設定し直されます。つまり、月々の返済額は変わることになります。必ず返済額は確認するようにしないといけません。

また、「借入後残高スライド元利定額返済方式」で気をつけないといけないことは、繰り上げ返済をしていかないと長期で返済をし続けないといけなくなることです。

借金の返済は元金に利息が追加された金額を返済していきます。つまり、月々1万円を返済したとしても、そのうちに元金と利息分を返済していることになります。そのため、1万円返済したとしても1万円すべてが借りたお金、元金の返済にあたるわけではないのです。これでは、なかなか借金が減らないのも頷けますよね。それに、返済が長くなれば長くなるほど利息が降り積もっていきます。月々の額が一定で返済しやすいとしても返済を長期にわたらせてしまうのはいいことではないのです。

そうなるとモビットのようなスライド方式の返済をしている消費者金融はやめたほうがいいのかと考えてしまいますが、それは違います。モビットの基本的な返済の仕方はスライド方式ではありますが、ちゃんと月々の返済よりも多く返済できるように「追加返済」があります。追加返済で月々の返済額を多く返済できれば、スライド方式で返済する最終月よりも早く返済ができ利息がその分かからなくなります。

モビットの追加返済ならば、いつ何度でも返済ができます。月末になったら余裕があることがわかった月や臨時収入があった月などがあったときに返済することができます。追加返済は決まった額ではないので無理のない範囲で行うことができますし、面倒くさい手続きも必要ありません。

再借り入れを行うと、契約当初借りようと考えた金額から利息が増えることで返済額が異なってきます。いつの間にか何十年も返済し続けるなんてことにもなりかねません。再借り入れを行うときは、返済額と返済機関をしっかり把握するようにしましょう。

【参考ページはこちら】
モビットで金利を引き下げる方法ってあるの?

モビットであれば再借り入れの際にも余計な手間がかかりません

モビットと契約していても、キャッシングしたお金を完済し終わった後で、長期間に渡り利用を休止することがあります。お金を借りれば必ず金利が発生しますので、キャッシングする必要がない時には利用しないでおくのが一番です。ただし、そこで気になってくるのが、発行されているカードの有効期間です。いざ久しぶりに再借り入れしようとしてみたら、カードが使えなくなってしまっていたというのでは困ります。

カードローン会社の中には、一定期間利用がなかった場合には、そのカードが使えなくなるシステムになっているところもあります。一般的には2~5年程度の不使用でカードを使用不能にしているケースが多いです。しかし、わずか半年の使用休止で使用不能にしてしまう業者も存在していますので、気をつける必要があります。カードがいったん使用不能になった場合には、別途手続きをとらないと使用を再開できません。

カードローンでキャッシングしようとする人は急な出費に迫られている場合が多いので、いざキャッシングしようとしたら、カードを使用可能とするための手続きが必要だなどと言われてしまっては困ってしまいます。場合によっては、何らかの証明書類の提出を求められてしまうこともありますので、急な出費に間に合わせることができなくなってしまう可能性もあります。

でも、モビットであれば、長年利用を休止していた後で再借り入れをする際にも、とても便利です。モビットカードの有効期間は原則的に5年間となっています。ただし、契約満了の日から30日以上前に、一方当事者が解約の意思表示を相手方当事者に示しておかない限り、半永久的にカードローン契約が自動継続される仕組みになっています。ですので、面倒な再借り入れ手続きなどは一切不要です。

極端なことを言えば、たとえ10年間カードを使用せずに放置しておいたとしても、ATMにカードを差し込めばいつでもキャッシングすることができますので、不測の事態が起こった際にも余裕で対処することができます。もちろん、カードを所持しているだけで、年会費や手数料などのコストが発生する心配はありません。ですので、リスク管理方法の一つとしてカードを所持し続けるというのも有効です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 【知って安心】モビットも良いけどこちらも良い!金融会社紹介 All Rights Reserved.