ブラックリストになってしまう条件はある

キャッシングベスト3

【Q&A】初心者だけどブラックリストになってしまう条件ってなに?

Q.カードローンについては初心者の会社員です。ちょっと気になる話しをこのあいだ聞いたんですけど、「ブラックリストになってしまうと大変だよな!」っていうことなんです。それでブラックリストにならないように気をつけなきゃいけないなと思うんです。で、ブラックリストになってしまう条件とかあるんですか?あったら是非とも教えて下さい。

A.そうですよ!ブラックリストなんかになってしまうと大変なことになるんです!だって銀行や消費者金融から一切融資を受けられなくなってしまうのですから。悪くすればクレジットカードだって止められてしまう可能性があります。

だからブラックリストにならないように細心の注意を払うことが銀行や消費者金融のローンを末永く利用できる大事なコツと言ってよいのです。ブラックリストになってしまう条件は明確にあります。

“ブラックリストになる”ということは、銀行や消費者金融が審査で借手の信用能力を調査する際に与信をかける信用情報機関にブラックとして名前が載ってしまうことを言います。

そして、ブラックリストに名前が一度載ってしまうと、少なくとも5年間は消えません。さらに言えば、ブラックリストから名前が消えても融資の審査において、なにかしらの影響が出てくることも実は否めないのです。

だから細心の注意を払う必要があるのです。さて、ブラックリストになってしまう条件を見ていきましょう。まず、返済の遅延期間があった場合です。一般的に3か月以上の遅延期間が起きてしまうと事故情報として信用情報機関に伝えられてしまいます。

しかし、これにも幅があって、たとえばクレジットカードで買い物をした代金の返済が1カ月遅れてしまっても場合によっては事故情報扱いにされてしまうことがあります。それゆえ、返済の遅延は絶対に起こしてはいけません。

さらに言えば、返済の期間遅延のみならず、返済の遅延回数を繰り返しても事故情報扱いにされます。たとえば、一般的に返済遅延を3回くらい繰り返してしまうとブラック扱いにされるようです。

しかし、この点についても幅があり、2回でブラック扱いになる場合もあれば、3回でもブラックにならない場合もあるのです。つまり、これも信用情報機関の扱い方次第と言うことなのです。

加えて、自己破産や任意整理、代位弁済などを経験してしまうと信用情報にブラックとして登録されます。さらに付け加えますと、一度信用情報機関にブラックとして登録されてしまうと、その信用情報機関に与信をかけているすべての金融機関からの融資が不可能となってしまいます。

また、信用情報機関は他の信用情報機関と自分たちの情報を共有しているみたいなので、結果としてほぼ全ての金融機関から融資を受けられなくなる危険性もあるのです。

ブラックリストになってしまう条件っていったいなにかしら?

パートで働いている主婦なんですけど、先日、休憩時間にパート先の同僚の人たちと「消費者金融でお金を借りるのはいいけどブラックリストになってしまうのが怖いのよね~」なんて話しをしたんです。

でも、自分ではいまいち話しの内容がよく分からなかったのです。そこで質問なんですけど、そのブラックリストになってしまう条件とはいったいなんなのですか?

そもそもブラックリストって何なのですか?もし、よろしければ教えていただきたいのですけど…

無計画な借入れだとブラックリストの可能性大

計画的に借入れて、きちんと返済している限り、絶対にブラックリストになってしまうことはありません!だから安心して下さい。

では、まずブラックリストについて教えましょう。ブラックリストという言葉から連想できることはネガティブなイメージですよね?!そうなんです!ブラックリストは、そのネガティブなイメージそのままなんです。

そして、ブラックリストとは信用情報機関でもつ与信情報の中で要注意人物、つまり「貸してはいけない人物」「融資すると返済してもらえない可能性が高い人物」といったようなレッテルを貼られてしまった人たちを網羅した名簿みたいなものと考えて下さい。

他方、ブラックリストになってしまう条件はいくつかあるのです。たとえば、返済の遅延や滞納をしてしまうと事故情報として扱われて信用情報機関でブラックリストに載せられてしまいます。

返済の遅延については、4,5回返済の遅延を繰り返すと事故情報扱いにされてしまいブラックリストに載ってしまうようですね。また、延滞に関しては、3か月以上続くとブラックリスト行きと思われます。

ただし、これについては確かな事は言えないのです。つまり、信用情報機関は一つではなく複数存在しているので、各信用情報機関によってブラックリストになってしまう条件はまちまちと考えた方がよいのです。

でも、1回くらいの返済の遅延や1カ月くらいの滞納ですぐにブラックリストに載ってしまうようなことは無いと思いますので安心して下さい。

加えて、債務整理をした場合には、どの信用情報機関においても事故情報として扱われて必ずブラックリストに載ってしまいます。債務整理とは自己破産や任意整理、代位弁済のことです。

そして、一度ブラックリストに載ってしまうと、返済の遅延や滞納のケースではおよそ5年~7年、また債務整理の場合は5年~10年ほどブラックリストに名前が載り続けてしまうのです。

ブラックリストに登録されている間は、審査で登録されている信用情報機関に与信をかける金融機関すべてで融資は受けられないと考えて下さい。さらに言えば、信用情報機関の間で自分が所有している与信情報を互いに共有する場合もあるようなので、そうなると融資不可の金融機関の数はさらに増えることとなります。

以上のことから、絶対にブラックリストになってしまう条件だけは避けるべきなのです。そのためには、きちんと計画的に借りることと、借りる前にしっかり返済計画を立てることが肝要なのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 【知って安心】モビットも良いけどこちらも良い!金融会社紹介 All Rights Reserved.