とちぎんのモビットと「モビット」は同じか

キャッシングベスト3

とちぎんのモビットは大手消費者金融の「モビット」と同じですか

とちぎんのカードローンに「とちぎんモビットネクスト」というものがありましたが、これは銀行のカードローンとは違って消費者金融モビットの商品なのでしょうか。とちぎんのモビットは大手消費者金融の「モビット」と同じですか?

現在は事業分割によりモビットではなくなっています!

とちぎん(栃木銀行)の個人向けカードローン「とちぎんモビットネクスト」は「とちぎんスマートネクスト」となって現在提供されています。モビットとついているので紛らわしいことではありますが、モビットネクストのときからこのカードローンは銀行のカードローンで間違いはありません。

なぜモビットと名前が付いていたかというと、保証会社がモビットだったからです。つまり、お金を貸しているのはとちぎんで間違いないのですが、保証会社として噛んでいたのがモビットなんですね。モビットはとちぎん以外にも地方銀行で保証会社として銀行のローンに関わってきました。
今回、モビットネクストだったのがスマートネクストに変わったのは、モビットが2012年に事業を分割したことが背景にあります。

モビットのブランド名や個人向けローン事業は三井住友グループとして行うことになり、現在も三井住友グループの消費者金融として運営されていますが、地方銀行の保証業務は別に他に継承されることになりました。そのため、モビットネクストからスマートネクストに変わっているのです。
(⇒モビットカードローンは総量規制対象外?

現在ではとちぎんのモビットはなくなり、別に変わっている状況です。モビットとついていたので、ご質問者様は銀行はカードローンなのか疑ってしまったと思いますが、現在ではホームページ上でもスマートネクストになっているので、これなら消費者金融と勘違いされることはありませんね。

こうした背景によりカードローン名自体が変わっているので、確認することが必要です。特にローンの比較サイトや説明サイトだと、モビットネクストのまま載っていることもあります。全てを鵜呑みにせずに、とちぎんのホームページに行き自らの目で詳細を見ることが大切です。

【参考ページはこちら】
モビットでお金が借りられないのはどうして?

モビットならとちぎんのATMを利用することができます

モビットは、利用者の便宜が考慮されたサービスが充実していることで知られているカードローンです。WEBを利用して、申し込みから返済までの全ての手続きをすることができるようになっていますので、極端なことを言うと、家から一歩も出ずにお金を借りることができます。また、このWEB完結申し込みを利用した場合には、煩わしい在籍確認や郵送物を全てなくしてもらうことができますので、非常に便利です。

お金を借りたいという希望を持っていても、勤務先へ在籍確認の電話を入れられるのは困るために、キャッシングの利用を諦めてしまうという人が少なくありません。しかし、モビットのWEB完結申し込みを利用すれば、職場に電話をかけられてしまう心配をする必要がなくなりますので、安心して利用することができます。実際に、この在籍確認なしのサービスは、利用者からかなり好評を得ています。 

モビットには、他の消費者金融には見られない独特なサービスが数多くあるのですが、借り入れや返済の際に利用できるATMの種類が多くなっている点もあげることができます。他の消費者金融の場合であれば、1つか2つくらいの銀行と提携しているコンビニのATM程度になっているケースが多いですが、モビットの場合は、都市銀行やコンビニATMだけでなく、信販会社のCDや地方銀行ATMも利用することができます。 

都会に住んでいる人であれば、都市銀行ATMとコンビニATMが利用できるようにさえなっていれば、さほどの不便はありません。コンビニは街中至る所にありますし、都市銀行のATMも駅や各種商業施設の中に数多く設置されていますので、見つけ出すことができなくて困ってしまうことはまずありません。

しかし、地方へ行くと状況が一変してしまいます。 少し田舎の方へ行くと、地元の地方銀行の支店やATMはたくさんあっても、都市銀行のATMはほとんど設置されていないケースが多いです。また、地域によってはコンビニもほとんどないような場所もあります。でも、モビットは提携している地方銀行の数が非常に多いので安心して利用することができます。たとえば栃木県の場合であれば、地元にATMがたくさん設置されているとちぎんを利用することができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 【知って安心】モビットも良いけどこちらも良い!金融会社紹介 All Rights Reserved.