モビットは銀行系カードローンと違います

キャッシングベスト3

モビットは銀行系だから総量規制対象外なんですよね

23歳の会社員です。独身の女性で今の会社は5年目になります。年収は260万円くらいです。クレジットカードを1枚持っています。ショッピング枠は30万円でキャッシング枠は10万円ですけどクレジットのキャッシング機能は使ってしません。理由は金利が高いのと限度額が少なくて使いにくいからです。

クレジットカードは主に買い物用に使っています。だから新たにカードローンを作りたいんですが、三井住友銀行グループのモビットの審査はどうなんでしょうか、銀行系のカードローンだから総量規制対象外なんですよね。でも銀行系だから審査は厳しんじゃないですか?

モビットは銀行系のカードローンではありません

三井住友銀行グループのモビットは銀行系のカードローンではありません。またモビット社はSMBCコンシューマーファイナンスの100%子会社で消費者金融会社です。ですから総量規制の対象にある金融機関です。元々は三菱東京UFJ銀行とも合弁でしたが、合弁解消により、現在は三井住友グループになっています。

その為、モビットのサービスの特徴は銀行系と消費者金融系の両方の特徴を持っています。例えば銀行系のカードローンの特徴の一つである利用限度額は500万円と高いです。そして消費者金融会社の特徴である審査の柔軟性とサービスの多様性で審査と融資がスピーディで、借りやすい消費者金融会社として人気があります。

また平日に申し込めば即日融資を受ける事も出来ます。その場合は三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の預金口座がある事が必要ですが、申込む前に預金口座を作って即日融資のサービスに申し込んでも大丈夫です。とにかくモビットは、審査が厳しいというよりも柔軟性があると行った方がいいでしょう。また、今お使いのクレジットカードの利用に関して過去に返済遅延などをしていないのでしたら、モビットの審査を特に気にする必要はありません。

モビット銀行系だけどちゃんと理解しないと審査落ち

モビット銀行系カードローンですが、くくりは消費者金融です。つまり総量規制の対象です。総量規制とは、貸金業法で運営している消費者金融での借入は年収の3分の1以上は禁止するという制度です。これには、確かに銀行系カードローンは含まれないです。しかし、モビットの場合は三井住友銀行グループではありますが運営はモビット主体が強いので銀行系消費者金融と呼ばれています。この銀行系消費者金融は他の大手消費者金融も当てはまります。なので、銀行が直接商品として売り出しているカードローンを銀行系カードローンといい総量規制対象外であり、銀行の傘下には入っているが主体が消費者金融の場合は銀行系消費者金融といい総量規制対象になります。
つまりモビットは銀行系だからといって年収3分の1以上の借入額を希望しても審査が通らない可能性が高いです。総量規制がかかっている消費者金融の場合でも、住宅ローンやカ―ローンなどは借入額に含まれないので2、3社目を考えている場合は参考に申し込みをすると審査が通りやすくなります。ここで注意なのは申し込みは1カ月で3社以内にしなくては申し込みブラックとなり審査が通りにくくなります。なので総量規制を理解した上に申し込みを行う会社を厳選して審査に挑むことが良いです。モビットの評判はどうなのかというと、モビットは三井住友グループの傘下に入ったこともあり高い評価を得ている消費者金融の1つです。最短即日融資で安全が確認されている会社の中で在籍確認が無いと断言しているのはモビットくらいです。他社は収入証明書などの書類提出で免除される場合はあるようですが基本的には在籍確認を行ないます。10秒で結果が出るという最速さも選べれている理由の一つです。金利は年率4.8%~18.0%なので一般消費者金融並で融資額も最高500万円に設定されています。20歳から65歳までの安定した収入がある方なら申し込みが可能です。必要書類も身分証明書(運転免許証や健康保険証など)と年収が確認できるものが必要になります。全て、インターネットで完結出来るので来店する必要もないのでスピーディーに融資を開始することが可能です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 【知って安心】モビットも良いけどこちらも良い!金融会社紹介 All Rights Reserved.