返済はコンビニと三井住友どちらがいいか

キャッシングベスト3

モビットの返済はコンビニと三井住友銀行とどちらがお得ですか

モビットで契約をしました。これからお金を借りて返済をしていくことになります。悩んでいるのは返済についてですコンビニでの返済と三井住友銀行の口座振替の二つのどちらにしようかなって悩んでるのです。モビットの返済はコンビニと三井住友銀行とどちらがお得ですか?

どちらもメリットとデメリットがあるので生活スタイル次第!

モビットの返済方法で悩んでいるんですね。どちらも手軽に返済ができるので、ライフスタイルに合った方を選ぶのがいいでしょう。それでは、それぞれの特徴を見ていきましょうね。

1.提携ATM

提携している銀行ATMでも、もちろん提携しているコンビニのATMでも返済が可能です。コンビニであれば、全国どこにでもありますし、ATMによっては24時間返済が可能なのが嬉しいところ。日中は忙しくて返済に行けないなんて方も仕事帰りや休みの日に返済することができます。ただし、提携ATMの利用手数料は利用者の負担になるので、返済回数が多い場合は手数料がもったいない可能性もあるので注意が必要です。

2.口座振替

三井住友銀行以外にも提携している銀行口座での振替が可能です。何よりも口座振替だとわざわざ返済をしにいく必要がないのが嬉しいところです。提携しているコンビニや銀行が近くになかったり利用時間が生活に合わない場合は自動的に引落しをしてくれる口座振替だと返済忘れのおそれもなくて楽ちんですね。ただし、口座にお金がないといつの間にか延滞していたなんてことになる可能性もあるので、口座の残金には注意が必要です。

以上のようにそれぞれの返済方法にメリットとデメリットがあります。どちらも簡単に返済ができるので、口座があるなら口座振替でもいいですし、ちゃんと毎回自分で返済したい方はコンビニATMでの返済もいいと思います。

どちらがお得かは、どちらが自分にとって負担が少ないかということになります。負担が大きくなると返済が辛くなってきて嫌になってきてしまいます。普段の生活にスムーズに取り入れられる返済方法がどちらかを考えてみてくださね。

【参考ページはこちら】
モビットの借り入れ金額を増やすと返済金額も増えるの?

モビットのカードはコンビニや三井住友ATMで手数料無料

モビットは三井住友銀行系消費者金融として、身近なところにポスターが貼られてあって親しまれています。三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行に口座があると口座振替が可能で、毎月の返済時に自動引き落としをしてくれます。

その場合は審査もインターネットから10秒で結果がでます。ただしユーザーIDが発行されると本人確認、収入証明、勤務先証明の3種類の書類のコピー提出が義務付けられます。モビット申込み時に入力させられる個人情報項目や契約希望額の入力によって審査され、利用の可否が決定されるわけですが、提出書類からもわかるように、20-65歳の人で定期収入のあることが必要条件です。

ただ、担保や保証人は不要で、返済能力次第で1万から500万まで借りることが可能になっています。収入額によって希望通りの金額の申請通過可能かが決まります。審査が無事通って貸付が行われると、利用金額によって4.8-18%の実質金利の利息が発生します。返済は残高スライド元利定額返済が採用されており、最大7年で返済しなければいけません。

三井住友、三菱東京UFJ銀行に口座がなければ、返済は銀行からの振込み、提携の銀行ATMなどからの支払いになります。(こちらもご参考に→モビットはネットバンキング振込も利用できるの?)この場合、遅延利率は20%と高いので返済日を忘れないよう気を付けます。カードローンは、従来の闇金融と違って融資の垣根を低くしています。それは比較的低金利だということもありますが、カードが発行されると、銀行口座のキャッシュカードのような利用方法で出金できてしまう手軽さにあります。

モビットカードを三井住友銀行のATMで利用すると手数料、コンビニに設置されている@BANKのATMの手数料は無料というキャンペーンも現在実施中になっているのでなおさらです。しかしモビットも短期融資・借金に違いなく、返済義務がついてまわるので、ボーナスなどが出てお金に余裕があったときには早期返済も視野にいれるべきです。また、一度借りる習慣がつくと、次も気軽に借りてしまうことが危険です。お金の使い方にも熟慮し、無理な借金に頼らなくていいように日ごろからのお金の使い道に気を付けることも大切です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 【知って安心】モビットも良いけどこちらも良い!金融会社紹介 All Rights Reserved.