池田泉州銀行がモビットの名前を使っている!?

勝手にこれって使われているのかな?と思ってちょっと心配なんですけれども、池田泉州銀行というのをご存知でしょうか。池田泉州銀行というのは大阪の方にある銀行なんですけれども、この地方銀行が何故かモビットの名前を使っているのです。

どうも調べてみるとカードローンのようなんですけれども、このように勝手に池田泉州銀行がモビットの名前を使うというのは許されることなんでしょうか?なんだか悪いことをしているんじゃないかと睨んでいるんですけれども…

モビットと提携している池田泉州銀行だからできること

モビットの名前を勝手に使っている!というように思ったかもしれないですけれども、それは安心して大丈夫です。実はモビットというのはこういう風に名前を使ってもいいというように、池田泉州銀行に許可を出しているのです。実はこういった池田泉州銀行のような地方銀行とモビットの関係というのは他にもたくさんあるのです。
(⇒秋田銀行とモビットとの関係を知りたい方はこちらへ

地方銀行のカードローンというのは自分たち独自のものを作ったとしても、それはブランド力という点はすごく弱いものになってしまいます。そこで誰もが知っているモビットという名前を使うことができれば「あれ、モビットが関係しているのか」というように思えるでしょう。そうなれば利用者も増える、そう考えて地方銀行は提携をしているのです。

モビット側としても実は保証会社として入っているので損はしていません。保証会社としての手数料を撮っていますから、それで儲かっているのです。つまり地方銀行である池田泉州銀行が名前を使ってモビットと提携をするということは、すごく両者にとってプラスのことであるというわけです。だからこそモビットと今でも長くつながっています。

質問者の言うような勝手に利用しているということはありませんから安心してください。モビットにしても池田泉州銀行にしても、両方共が得をするための仕組みが出来上がっているのです。もちろん利用者としてもモビットという名前が付いているもののほうが安心して利用できるでしょうから、誰もが得をする仕組みになっているというわけです。

【参考ページはこちら】
借りやすいと評判のモビット、その理由とは

池田泉州銀行でモビットを利用するということについて

モビットは、三井住友銀行グループの消費者金融業者になるのですが、直接契約をすることもいいのですが、やはり口座がある銀行から借入を行いたいという考えを持つ方もおられます。

そこで一部の銀行では、このブランド名でカードローンを提供していることがあるのです。たとえば大阪府内を中心に店舗を展開している池田泉州銀行もその一つになるのです。池田泉州銀行は、元々大阪府内で地方銀行として展開していた、池田銀行と泉州銀行が、2010年に合併して発足した銀行で、イメージガールとして、宝塚歌劇団の娘役の方を採用していることでも有名な銀行です。

店舗数は大阪府内で19店舗あり、大阪府民であれば、利用しやすい場所にあることと、ATMコーナー存在していますので、街角で見かけることが多い銀行の一つです。その池田泉州銀行が、モビットから、その商標の利用を許されて、自社のカードローンサービスに、その名前を利用しているのです。このようにブランド名を利用しているのですが、銀行が展開しているカードローンとしての特徴を備えているので、利用するメリットも多いのです。

そのメリットはいろいろあるのですが、まずは金利面で有利になっているところがあります。またモビットのサービスのように、インターネットや郵送、FAXや専用ダイヤルによる受付など、いろんな手段で申請することができ、さらにその審査も早く行ってくれるので、すぐに利用が開始できるのです。(こちらもご参考に→モビットカードローンの審査って甘いの?

また借入額が100万円以下であれば、所得を証明する書類を提出することがないというのも、迅速にお金を借りるという面では、有利になるポイントです。返済も指定した普通口座から引き落としすることが可能ですので、池田泉州銀行に口座があれば、自動的に返済も終わるのです。もちろんATMなどから返済も可能なのです。

このような銀行系ならではの特徴を備えた池田泉州銀行モビットキャッシングという名前のカードローンなので、口座を持っている方は、お金を借りる先として、考えておくのも良いはずです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 【知って安心】モビットも良いけどこちらも良い!金融会社紹介 All Rights Reserved.