モビットは以前と違い三井住友銀行グループというのは本当ですか

私は以前モビットをよく利用していたことがあります。ここ数年利用していなかったのですが、久しぶりに利用しようとしたところ三井住友グループになっていました。私の記憶では以前は三菱UFJフィナンシャル・グループだったように思うのですが、記憶違いだったのでしょうか。別段利用に支障があるというわけではないのですが、最近歳のせいかちょっと自分の記憶に自信がなくなってきてしまっているため、確認の意味でお聞きしたいと思います。

確かに以前は三菱UFJフィナンシャル・グループでした

あなたの記憶で間違いありません。モビットはかつては三菱UFJフィナンシャル・グループでしたが、現在は三井住友銀行グループ(正確には三井住友フィナンシャルグループ)に入っています。以前も三井住友銀行グループにも関係していたので特におかしなことではないのですが、利用者からみているとあなたのように何でなんだろうと思う人も少なくなかったでしょう。この関係を理解するには西暦2000年まで遡ることになります。

モビットは西暦2000年に現在の三菱東京UFJ銀行で当時の三和銀行と現在のSMBCコンシュマーファイナンスで当時のプロミスおよび信販会社のアプラスの3社が共同出資で設立した消費者金融です。その後アプラスは撤退し、プロミスは三井住友銀行が株式を取得し、三井住友フィナンシャルグループの子会社になりました。ここで三井住友と関係ができ三菱UFJフィナンシャル・グループでありながら三井住友側の出資も受けているという形になったわけです。

ただしこの頃はまだまだ三菱東京UFJ色が強くCMでもそれを強調していましたから、あなたのようにそれが刷り込まれていてもおかしなことではありません。このあといろいろな経緯はあるものの2012年まではこの形が続きます。しかし2012年になってこの形を解消すると発表されモビットは貸出業務と保証業務で2分されて貸出業務は三井住友フィナンシャルグループ、保証業務は三菱UFJフィナンシャル・グループになりモビット等名は貸出業務側が継承しています。

保証業務のほうは三菱UFJフィナンシャル・グループ側で新たにエム・ユー信用保証株式会社が設立されて業務を継承しました。消費者金融業界は貸金業法改正以降、大手を含めて経営が傾いて、これを大手銀行が子会社にするなどして支えたため、それまでではあまり考えられないような提携が次々に行われて利用者の方でももう訳が分からなくなってしまっている例もたくさんあります。あんまり考えると混乱しますから気にしないようにしましょう。

モビットの場合、利用者の使い勝手は特に影響を受けず、現在もWeb完結など他に先駆けて色々な試みをしていて好感が持てますし、このWeb完結の場合、他の消費者金融では考えられないことですが在籍確認も必要ないなど、ユニークなサービスもあるので、たとえば在籍確認を絶対にしてもらっては困るというような人の利用も増えています。使い過ぎは良くありませんが、現在でもお勧めのカードローンですからあなたも上手に利用してください。
(⇒モビットのWEB完結を利用したい方はこちらへ

三井住友銀行グループのモビットに人気がある2つの理由とは

キャッシングには消費者金融系と銀行系の金融機関があります。両社の違いは経営形態です。消費者金融系は貸金業法にもとづいており、銀行系は銀行業法にもとづいています。経営形態が違うだけで、キャッシングの融資額に大きな差が出てきます。総消費者金融系は総量規制の対象になりますが、銀行系は対象外なのです。総量規制の対象になると、年収の3分の1までしか融資できないのです。銀行系は対象外ですので、年収の3分の1という枠には関係なく融資ができます。

なぜ消費者金融系だけが対象になっているかというと、かつてサラ金と呼ばれた時代にお金を借りすぎて返済不能になった利用者がたくさん出たからです。そのため借りすぎないように、3分の1という枠を決めたのです。銀行系のキャッシングでも借りすぎて返済不能になる利用者はいますので、不公平だという意見もあります。しかし消費者金融系は銀行系よりも審査がゆるく、誰にとっても借りやすいというメリットがあるので、3分の1という枠は必要なのです。

テレビのコマーシャルで有名な大手のモビットは三井住友銀行グループですが、消費者金融系です。そのため総量規制の対象になっています。しかし年収の3分の1という枠があるので、却って安心して利用できるのです。総量規制とは関係なくモビットに人気が集まるのは、在籍確認がないというのと、自宅へ郵便物が来ないという点です。他の消費者金融系でも銀行系でも、審査の時には必ず在籍確認をします。

ところがモビットの「Web完結申込」を利用して申し込みをすると、書類審査だけで審査が通るのです。会社に電話が来るのは誰でも心情的にイヤなものですが、モビットならそれがないのです。また家族に内緒にしたい場合も、契約書やカードが自宅に郵送されてくるとばれてしまいます。さらに申し込む時に電話連絡や郵送物不要と指定できるので、そのような心配がないのです。

消費者金融系の金利はほとんどが横並びですので、どのキャッシングを選んでもそれほど変わりはないのです。しかし在籍確認や自宅郵送物がないのはモビットだけですので、それだけでも利用価値は大いにあります。

【参考ページ】
モビット以外のオススメ消費者金融はこちら

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 【知って安心】モビットも良いけどこちらも良い!金融会社紹介 All Rights Reserved.